So-net無料ブログ作成

木造客車がやって来た! その5 [トピックス]

0005865.jpg
1輌目が降りたところで続いて2輌目が運び込まれる

1輌目が線路の上に降りて無事に車両庫に納まると、続いて2輌目です。もう手順はわかりましたので、ドンドン行きます。
0005875_3.jpg
空中を行く2輌目

1輌目と同じ場所・同じ年・同じ設計図で造られたはずなのですが、こちらはなぜか台車と車体の間隔が広くなっています。おかげで車体をジャッキアップすることなく、車体と台車の間にH鋼が入ります。車両庫の中から1輌目が見守る中、同様に吊りあげられ、無事に仮台車の上に載せられます。
s-110616-093.jpg
ほどなく2輌目も無事レールの上に

車両庫に入ることは確認済みですので、今度の車両は5号機で車両庫に押し込まれます。2’6”の軽便鉄道車両と2’のトロッコ用機関車、片方は仮台車の上に載っているとはいえ、大きさの対比がスゴいです。
0005868.jpg
5号機に押されて入庫する2輌目。実は5号機のほうが軽い!

このあとトラックの上に残された2輌目のアーチバー台車も降ろされて、2輌の木造客車の搬入作業は予定通り無事完了しました。朝8時過ぎから始まった吊り上げ作業は、午前10時前にはすべて終わり、まきば線には元の静けさが戻ってきました。
すべてが終わった車両庫では、頸城鉄道からやってきたラッセル車ラキ1が、隣の線路から“新入り”を出迎えていました。
0005881.jpg
頸城のラキ1が井笠ホハを出迎える

まだつづきます。
タグ:井笠客車
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。