So-net無料ブログ作成
検索選択

本線改修作業完成! その7 [活動報告]

前回の続きです。

デルタ線から取り外したレールを新規敷設区間に運び込み、コンクリート枕木に締結します。
0011497.jpg
新規敷設区間に運び込まれる旧デルタ線レール(2015.6.7)

0011496.jpg
コンクリート枕木に締結される(2015.6.7)

コンクリート枕木はその重さゆえに動かすのも一苦労です。またレールとの締結も犬釘ではなく、枕木から生えているピンや爪で固定されるため、これまでのまきば線レール敷設作業とは異なる部分も多くなっています。そこでこの作業に当たってコンクリート枕木導入の発案者T田氏により、さまざまな工具や治具が用意されていました。これらの道具を使うことにより、少人数でも作業が可能になっていたので、作業に当たった羅須地人たちからは「一人でできるもんセット」と呼ばれていました。この「一人でできるもんセット」とユンボなどの動力機器を活用して、この日の作業で、高規格の本線に平行して延びるもう1本の高規格軌道が姿を現してきました。
0011494_3.jpg
コンクリート枕木の白さが眩しい高規格軌道!(2015.6.7)

続いての作業は6月20・21日。
さらに延長してガラスハウス前の乗り場を目指します。撤去したデルタ線から再利用可能な枕木を選び出し、前回敷設した区間の先に並べます。
0011557.jpg
再利用される旧デルタ線枕木(2015.6.20)

0011557_2.jpg
乗り場手前の分岐器まで並べられた(2015.6.20)

乗り場手前の分岐器につながるように枕木が並べられました。さらに剥がしたデルタ線からのレールを乗せるとおのずと線形が見えてきました。
0011558_2.jpg
とりあえず枕木に乗せられたレール(2015.6.20)

その後、レールがスムーズにつながるように長さと曲率を調整して、この週末の作業終了時点でとりあえず外周側のレールは繋がったのでした。
0011563_2.jpg
外周側のレールが繋がった(2015.6.21)

まだ続きます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。