So-net無料ブログ作成
検索選択

NHKがやってきた(後) [トピックス]

さて、いよいよ放送当日、本番開始は午前7時45分過ぎとのことでしたが、早起きコバ氏が夜明け前から6号機に火を入れており、まきば線機関庫では早朝から石炭の煙がたなびきました。
前日のこともあり、まきば線でも天候が心配されましたが、雨の心配はなさそうな雰囲気です。
0008895_2.jpg
機関庫からは夜明け前からけむりが

前日の準備作業を終えて一旦ホテルに引き上げていたスタッフの皆さんも、5時半には到着。段取りを確認しながらの最終準備が始まります。
0008895_3.jpg
車輌の間を歩いて段取りを確認する入田リポーター

6時頃からはリハーサルが始まります。NHKのスタッフの指示で本番中の役割と動きが確認されていきます。
ちなみにこの段階まで保線の紹介コーナーでは「親方の神業スパイキハンマー実演」にするのか「保線戦隊バールマン」になるのか決めかねていましたが、このときのリハーサルで「バールマン」に決定!
0008898.jpg
土壇場で本番登場決定となった「バールマン」

ちなみに、画面に映るようにと、車輌庫からラキとホハが半身を乗り出すように引き出されたのに対して、「これを出しちゃうと7分じゃ話が終わらない」というポッターは、3号機・6号機の後ろに置かれてしまいました。
0008900_2.jpg
さりげなく引き出されたラキとホハ

0008899_2.jpg
残念ながら今回は「控え」となったポッター

そして迎えた午前7時45分過ぎ。いよいよ本番です。
スタッフ、そして羅須地人たちにも緊張が走ります。
わずか7分という短い時間で、立山DL、3号機、6号機を紹介したあと、「羅須地人鉄道協会」という名前の由来にも触れ、間髪いれずに保線で「バールマン」、さらにはホハのレストア作業まで紹介した上に、最後は“お約束”の“なべ風呂”登場と、盛りだくさんの7分間となりました。
0008901.jpg
本番で名前の由来を説明する代表幹事

ちなみに放送の内容はNHK ONLINE @首都圏でご紹介いただいていますし、NHK千葉放送局ではなんと動画も公開されています!
※どちらもNHKのサイトのため、いつまで公開されているかわかりませんのでお早めにどうぞ!

ということで、6号機の牽くフラットカー+“なべ風呂”編成に羅須地人たちと入田リポーターが乗り込み去っていくというラストシーンでまきば線からの中継放送は幕を下ろしたのでした。
ちなみに、本番終了とともに画面の外へと去っていった蒸機列車ですが、そのまま入田リポーターをのせてまきば線を1周。入浴モデルのコバ氏が本番中から手にしたビールジョッキをぐいと飲み干す様子に、入田アナもなべ風呂がいたくお気に入りになったようでした。
0008902_3.jpg
入田アナもお気に入りのなべ風呂

なお、このなべ風呂、ティンバー直前で切り離され、下り勾配を自然落下していくまでが“お約束”ということで、入田リポーター大うけで1周を終えたのでした。
0008903.jpg
コバ氏をのせたまま自然落下していくなべ風呂を、爆笑で見送る入田リポーター

ということで、土曜日の朝からやたらと濃い話題の提供となりましたが、お楽しみいただけましたでしょうか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。