So-net無料ブログ作成
検索選択

“モータートトロ”大活躍! [活動こぼれ話]

前回お知らせした木橋改良工事でモータートロッコが大活躍しました。
IMG_5187.jpg
“予想外”の活躍をした“モータートトロ”

もともと3’6”ゲージの保線用軌道自転車だったこのモータートロッコは、縁あってまきば線に持ち込まれ、2フィートゲージに改軌されました。
その後Oさんがあれやこれやと弄り始め、スピーダー風のキャビンが載せられたこともありました。最近は原点回帰し、原型に近い形に戻されたほか、チェーン駆動のスプロケットを見直してまきば線向けのギア比にされるなど地道な改良が進んでいます。羅須地人たちからは「モータートトロ(Oさん命名)」「こんにちはさようなら号(T代表幹事)」などと人によって呼び名が違うなぞのモータートロッコです。

そんなことはさておき、木橋改良工事。今回の工事の目玉の一つに“重軌条化(12kg/m→15kg/m)&ロングレール化(5m→10m)”があります。木橋の前後30mに渡り、レールを交換する予定です。交換用の10mの15kg/mレールは給水タンク付近においてあり、現場まで運ぶ必要がありました。15kg/mレールとはいえ10mもあると1本150kg。足場の悪い場所まで人手で運ぶには少々重過ぎます。さりとてちょうど蒸機列車運行中のこの日、102号機や4号機を先頭にレール輸送列車を仕立てるには仰々しすぎる気もします。
保線用軽便トロに積んで人力で転がしていくのがもっとも安全かつ手軽かと思われましたが、移動距離は結構長く、ちょっと考えどころです。
と、そこで目に付いたのが、そうです、あの“モータートトロ”です。
しかし、この“モータートトロ”、動力付きとはいえそのエンジンも小さなもので、2名の乗員を運ぶだけで精一杯です。はたして150kgのレール4本、合計600kgの積荷を積載した軽便トロを牽引できるのでしょうか?
まぁ、ダメでもともと、物は試しということで、チャレンジしてみることになりました。
IMG_9940.jpg
積荷を積み込み恐る恐る出発

Oさん操る“モータートトロ”、皆の不安をよそに案外力強く走り出していきます。Oさん曰く「後半の勾配区間で停まっちゃわないかひやひやしたよ」と言うものの、築堤も無事上りきりました。
IMG_9945.jpg
重量貨物”を牽引し築堤を駆け上がる“モータートトロ”

そして結局、大方の予想を裏切り、“モータートトロ”は無事任務を果たし、工事現場である木橋まで10mの15kg/mレール4本を運びきったのでした。
この成果に“保線大臣”豊N氏もいたく感激し、「あのモータートロッコ、トラ塗りして保線用にすっか!」なんて発言も飛び出るほどでした。
実は案外利用価値があると判ったこの“モータートトロ”、今後も意外なところで意外な活躍をするかもしれません。
IMG_9948.jpg
無事任務を終えた“モータートトロ”と軽便トロ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。